東京・神奈川でこだわりの外構とお庭

〒182-0002 東京都調布市仙川町3-5-14 メープルリーフガーデン307

受付時間
9:00~18:00
アクセス
京王線 仙川駅 徒歩7分 
駐車場:近くにパーキングあり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6279-6662

お役立ち情報 ⇒ 住宅展示場へ行く前に

住宅展示場の見方とマジック

   人生最大のイベント、家造りを思い立った時、多くの人は1度は住宅展示場を訪れる、と思います。生活スタイル一新の機会にもなり、子供さんも含め家族一同気持ちも高揚するでしょう。そして多くの時間を割いて色んな展示場を観、説明を聞いて情報の洪水に押し流されそうになる、何が良かったのか、どのメーカーが、どの工法が自分の家族、敷地に適するするのか、情報の整理が追い付かない状態になりがちと考えます。
   そのような多くの労力と時間を割いて、やっと手に入れたマイホームだったのに…..失敗、後悔といった言葉が続くサイトがネット上にあふれています。その中には外構・エクステリア計画がらみの項目も多々あります。 ⇒「失敗する家造り、後悔する家造り、後悔するエクステリアに陥る原因」 参照

そこで一つ冷静になって頂きたい事を以下に記載させて頂きます。

     住宅展示場の配置・配棟は非現実的! 

    家造りに大きく影響を及ぼし、入居後の満足度に直結する項目に視線の制限と遮断、採光、通風、駐車スペースの配置等が上げられますが、これ等に関して住宅展示場はそれ等を棚に上げています。というか、展示場全体のゾーニング、区角割がそのような重要項目に関わらずに行われています。家造りに大きく影響を及ぼし、入居後の満足度に直結する項目に視線の制限と遮断、採光、通風、駐車スペースの配置等が上げられますが、これ等に関して住宅展示場はそれ等を棚に上げています。というか、展示場全体のゾーニング、区角割がそのような重要項目に関わらずに行われています。
    展示場全体の立地条件(方位とのブレ)の問題もあります。これ等の立地条件を考慮することなく、見栄えのする、南入り宅地を想定し各ハウスメーカーが意匠、デザイン、創意工夫を競い提案しています。

右図及び下図参照。

住宅展示場配置事例-1:P社を除き各社園路側正面を南側と想定。P社は東入りを想定


   そして住宅展示場内では前面道路・園路との高低差もほぼ無く、その道路勾配も急ではありません。また隣地との高低差も少ない画地が殆どです。しかし実際の計画地は道路や隣地との高低差があり、前面道路勾配の急な宅地もあります。そして採光、通風、視線の制御等

個々の敷地条件に対応する力
    ⇒“真の設計力・対応力” 

が求められます。しかし展示場においては当該ハウスメーカーのそれ等の能力を一般来場者が推し測る事は中々困難です。
    住宅展示場は工法の参考、ごく一部の納まりの参考にはなる が、設計力、デザイン・対応力を推し測る参考とはならない.   と考えて下さい。

住宅展示場配置事例-2:実際は東西入りの画地が殆どであるが、大部分のメーカーが南入りを想定

   ここでもう一つ、考えてみて下さい。

「住宅展示場は何故美しい?」

   中には本当に美しい?と疑問符が付くと思われる建物もあるかも知れませんが、一般的には世間、街なかで見られる建物よりは美しいと思われる建物が並んでいる、と考えられます。
 
でも何故美しいと感じられるのでしょうか。ここに、使い勝手が良く、住心地良い、完成度の高い家造りに繫がるヒントがある、と思われます。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6279-6662
受付時間
9:00~18:00