東京・神奈川でこだわりの外構とお庭

〒182-0002 東京都調布市仙川町3-5-14 メープルリーフガーデン307

受付時間
9:00~18:00
アクセス
京王線 仙川駅 徒歩7分 
駐車場:近くにパーキングあり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

03-6279-6662

選ばれる理由

  選ばれる理由についてご紹介します。

絶対的に豊富な経験・実績

大手ハウスメーカーさんとの共同分譲事業

大手ハウスメーカー・設計担当者さんへのエクステリア講習の一コマ

 この業界が単に「外構・造園」と称されていた黎明期より、発注者(元請・ハウスメーカー)の立場を経験し、さらに総合土木・建設コンサルタントにも在籍し、造成計画、緑地計画から環境分野の業務も経験しているため、現在のエクステリア業界全体を第三者的に、俯瞰する視点からも見られる豊富な経験を有しています。また大手ハウスメーカー各社と共に行う共同分譲事業に、外構の設計・施工担当者として、共同参画した経験等もあり、当然住宅業界にも精通しています。         この業界の実情として、建築工事の検討⇒その後に外構工事を検討、というフローが一般的です。多くのエクステリア業者さんは、このフローが染みついているため、計画地の周辺環境や、建築の配棟計画、プランにまで立ち返った検討の経験が少ない様です。この点に関し、プタハでは前述した土木分野にも在籍した経験より、柔軟な発想、逆転発想の提案、大胆な提案、将来を見越した提案をすることができ、更にエクステリアに携わる立場から建築計画を進めるにあたって重要な注意点をオーナー様にアドバイスできます。エクステリアは当然でありますが、建築を含む全体の完成度を高め、結果として オーナー様家族にとって魅力があり、メリットのある提案が可能になる、と考えます。この点が最も違いを感じて頂ける事、だと考えます。建設計画に早期に参画すれば、する分だけオーナー様御家族に貢献できる範囲、可能性が高まります。(画像右上は大手ハウスメーカー各社と協働した分譲地の街並み 右下は大手ハウスメーカーの建築家さんへエクステリア講習した際の一コマ)

柔軟な発想に基づく引出しの多い提案力

エクステリアの分野だけでなく、それを含む建設事業の根本に位置する土木から、環境分野にまで携わった豊富な経験と実績により、計画地の持つ環境特性を適確に把握し、正の特性(通風が良い、日照条件が良い、前面道路より適度な高低差がある、水はけが良い、土壌の状態が良い、計画地周辺のビューポイントとなる等々)はそれら更に活かす設計とします。負の特性(通風が悪い、陽あたりが悪い、道路より低い、前面道路が急勾配、排水状況があまり良くない等)は、それを軽減しつつ種々のテイストを持った建物と機能(動線の連繋、開口部からのビューポイントの整備等)と、意匠・デザインとの調和がとれた設計を提案する事が可能な、多くの"引出し"を持ち合わせています。オーナー様ご家族に建築物と相まって、完成度の高い(付加価値が高い)住空間を提供いたします。

年月を経る毎に趣の増すデザイン

毎年開催される展示会

毎年、新商品・デザインが披露されます

日中と全く表情を変える自然素材の石材

 毎年、毎年モデルチェンジし、展示会が開催されるエクステリアの工業製品・人工製品のエクステリア商材(門扉。フェンス、カーポート、テラス、ゲート、化粧ブロック、インターロッキング等)に頼った設計は、竣工直後は一見小奇麗ではありますが、街を歩けばどこかで見たデザイン、カタログにあったデザインと認識されてしまい、総じて軽い印象を与えがちです。引渡後直ちに、デザインの陳腐化が始まり、容易に劣化が始まります。屋内と違い365日風雨に晒され、埃を被る環境はどうしても劣化が目立ちがちです。その様な工業製品、人工製品に左右されない、年月の経過と共に増々趣の増す(経年優化)自然素材(樹木・石材等)を主とした設計に留意しています。

人が求める真に快適な空間造り

毎年新商品が市場に出てきます。

人工素材(工業製品)を主としたデザインと自然素材を主したデザインの逆転現象

 毎年、毎年開催される、エクステリア展示会、披露される新商品、これらの工業製品・人工素材に頼ったデザイン・施工は竣工後直ちに陳腐化が始まり、容易に劣化が始まります。その様な商材の利用は極力控え、またそれらに左右される事無く、年月を経るごとに美しく、趣の増す自然素材を主とした設計とします。又、家族の成長に伴い、変化するオーナー様家族の求める要望に対応し易く、改変し易さを念頭においた設計とします。我々が戸建て住宅を購入、或いは建てるのは何故でしょうか。鍵1つで戸締りできる便利なマンション住まいから戸建て住宅を求める事は何故でしょうか。単なる資産価値、運用のためでしょうか。年配の方(今は若い世代も増えています。)がガーデニングに興味を持つのは何故でしょうか。やはり土に接した生活、自然に触れる機会の多い生活環境、スタイルを欲するからだと思います。そうした気持ち、想いを大切に建物の外部環境の整備に取り組んでいます。快適で潤いのある生活を過ごせる、お手伝いをいたします。 欧州等の外国への旅行に憧れる場合、古い遺跡、石造建築、その土地産出の土でできた瓦と土壁、といった自然素材で構成される、歴史ある風景ではないでしょうか。日本文化に触れる事、日本料理を食することを別に、外国人が日本を訪れる目的の多くは、京都、富士山等の自然と四季の豊富な景ではないでしょうか。人が住むのに最終的に求める環境は万国共通です。自然に触れる機会の多い生活環境、住空間が大切と考えます。

改変し易い(可変性のある)工法とデザインに留意

コンクリートを使用していない部分は夏季の輻射熱を和らげます

オーナー様のご要望に沿うように留意した設計とする事は当然ですが、ご家族の成長につれ、その外部空間に求める要望も変化してきます。小さかった子供さんが、学生となり、社会人となり、独り立ちしていく。必要だった駐車台数が変わったり、アプローチが階段だけでよかったものが、スロープが必要になったり、家庭菜園を楽しむ時間がが出来たりと.....。その様な変化する要望を考慮し、また夏季のコンクリートの輻射熱低減に配慮し、可能な限りコンクリート、モルタル等を使用しない設計に留意しています。
 
右画像は訪問者用の駐車スペース。自然石を砂決めという方法で、コンクリートを使用せず据付しています。コンクリートを使用していないので、改変が容易であり、雨水を大地に還元させる、ということで夏季の照り返しを和らげる効果があります。車が駐車していない間は、前庭として建物に気品を与えるスペースとしての効果と、街並みの景観向上への効果があります。

建物との調和を深め、建物の価値を高める意匠と高精度の施工

元々あった石材を新規の石材とコラボさせ玄関ポーチの石材もアプローチの石材と同一にさせ全体に一体感をもたらしています

夜間はさらに落ち着き表情豊かなアプローチ空間となっています

 どんなに打合せと検討を重ね、プランを作成しても建築本体と意匠の上で調和しない、機能(特に動線)の面で連繋が取れていない、独り善がりのエクステリアプランでは、快適な住環境とはほど遠いものになってしまいます。建築との連携において、オーナー様のメリットに繋がる事は、どんどん提案させて頂きます。右画像は、玄関ポーチの端部・階段部のタイルを、アプローチ舗装の石材に取り換える提案をした事例です。その結果、アプローチとの連携が深まると共に重厚感が増し、アプローチ空間がより風情のある空間となっています。夜間には、蹴込み部分の照明により、更に違った表情を見せます。建築とエクステリア工事のコラボレーションのキーポイントとなるのが、屋外設備工事です。この点に関しても多くの実績、経験より最善の対策、処置をし当初の計画を実現させるようにします。

見えない箇所ほどしっかり丁寧に施工

通常のメッシュ配筋敷設に加え、メーター廻りを異形鉄筋でさらに補強

 エクステリアという工事分野は、完成し目に入る出来栄えも当然大切ですが、建築物と異なり、土中に埋まり、後に確認する事が容易でない箇所の占める工事量が多い業種です。その様な埋設部分の構造と施工が、その後のメンテナンス、長期の供用に大きく影響します。その様な見えない箇所ほど、構造と施工をしっかりと行っています。(画像左下は駐車スペース内水道メーター廻りの鉄筋補強)

 

 

経験豊富な親方、意欲のある職人さんが施工します。

新たな納まりは図面化し情報を共有し次回に活かせるように配慮

 何も無い、ゼロの状態から始めるモノ創り、という正解が無いエクステリアの計画、施工に100点満点などあり得ません。どんなに上手くできたと思える現場でも、100%完璧な現場などありません。「ここはこうしておけば良かった、あそこの納まりは、もっと別の納まりが無かったのか......。」と必ず欲、反省点が出てくるものです。この心持を絶えづ突き詰めています。新たな納まり、設計をする際には必ず詳細図、施工図を作成し、現場の職人さんと経験、反省点を共有し、次に活かせるように実績を積んでいます。そうして完成度の高い住空間を創出するように努めています。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
03-6279-6662
受付時間
9:00~18:00